お家の性能を示す「UA値・Q値・C値」 パッシブハウスと
Zehnder Comfohome

Zehnder Comfohomeの導入をご検討されているお客様のために、日本国内におけるお家の性能を示す基準値である「UA値・Q値・C値」及び高性能・省エネルギー住宅の世界的な基準であるパッシブハウスとの関係性を簡単に解説します。


UA値とは

外皮平均熱貫流率

住宅の内部から、床、外壁、天井(屋根)や開口部などを通過して、外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値となります。
値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いことになります。

計算式

換気及び漏気によって失われる熱量は含まない。

基準

地域区分

国は省エネ基準の指標を示しています。住んでる地域によって区分されています。大きく8つの地域に別れています。

地域区分
1地域 北海道
2地域 北海道
3地域 青森県 岩手県 秋田県
4地域 宮城県 山形県 福島県 栃木県 新潟県 長野県
5地域 茨城県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 富山県 石川県 福井県 山梨県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県
6地域
7地域 宮崎県 鹿児島県
8地域 沖縄県

断熱性能(UA値)一覧

地域区分 1地域 2地域 3地域 4地域 5地域 6地域 7地域 8地域
北海道 青森・岩手等 東北・長野等 関東~九州北部 宮崎・鹿児島 沖縄
断熱等級3 0.54以下 1.04以下 1.25以下 1.54以下
省エネ基準(断熱等級4)* 0.46以下 0.56以下 0.75以下 0.87以下
ZEH基準 0.40以下 0.50以下 0.60以下
HEAT20 G1 0.34以下 0.38以下 0.46以下 0.48以下 0.56以下
HEAT20 G2 0.28以下 0.34以下 0.46以下
HEAT20 G3 0.20以下 0.23以下 0.26以下

* 2021年4月より設計士による説明が義務化されます。300㎡未満の住宅は、必ず適合の確認が必要となります。


Q値とは

熱損失係数

「どれくらい熱が逃げにくい家なのか」を表す数値として使われています。Qは英語のQauntity(熱量)頭文字です。
住宅の断熱性が高ければ高いほど、Q値の数値は小さくなります。

計算式

基準

正確な熱損失量を割り出す際に、住宅の形状や延べ床面積の大きさによって実際の断熱性が曖昧なものになりやすいため、平成25年に改正された次世代住宅省エネ基準では「Q値」に代わって「UA値」が採用されています。


C値とは

住宅における相当すき間面積

建物全体にある隙間面積を延床面積で割った数値で、建物の気密性能の指標です。専門の気密測定試験機にて測定を行います。
数値が小さいほど気密性が高いことになります。

計算式

基準

住宅における相当隙間面積(C値)は、専門の気密測定試験機にて測定します。より直感的に捉えやすいように、ハガキ枚数で機密性を表すものは以下の通りです。

例:C値0.5

1㎡あたりの隙間面積:0.5㎠

C値 1㎡あたりの隙間面積 気密状態
5.0未満 5㎠ はがき3.3枚相当分の隙間があるという状態です。
気密性は決して高くはありませんが、昔の日本家屋と比べると隙間風などの影響は少ない。
2.0未満 2㎠ はがき1.3枚相当分の隙間があるという状態です。
かつて次世代省エネルギー基準で定められていた厳しい方の基準はクリアしています。
1.5未満 1.5㎠ はがき1枚相当分の隙間があるという状態です。
諸外国の基準を適用するとまだ十分な気密性は確保されていません。
1.0未満 1㎠ はがき0.6枚相当分の隙間があるという状態です。
気密性が高く省エネ効果だけでなく遮音効果も期待できる。
0.5未満 0.5㎠ 諸外国の基準を適用しても優れた気密性を持っている状態です。
省エネルギーの実現はもちろんのこと、花粉や害虫などの侵入もほとんど無い。